脂肪吸引で効果的にダイエット〜キュキュッとスリム吸引効果〜

お腹

様々な方法があります

施術中

新しい方法

これまで広く行われてきた脂肪吸引法は、専用の器具を用いて、脂肪細胞そのものを吸引するという方法でした。専用の器具を使用する際には、肌に傷をつけることになりますし、脂肪吸引する際にも内部組織を傷つけることになります。そのため、気をつけていても、出血が多くなったり、痛みが生じることもあります。また、脂肪細胞が血管の中に入り、血栓症を引き起こす可能性があり、早期に適切な対応をすることが大切になってきます。施術後も、痛みや痺れが残るケースが稀にあることから、今後はより安全に脂肪吸引と同じような効果を得ることが出来るメスを使用しない痩身術が人気を集めると考えられます。切らない脂肪吸引とも呼ばれている方法で、脂肪溶解注射やレーザー機器を使用することにより、脂肪を分解し、体外に排出するという方法です。肌を傷つけることは無いので、痛みや痺れ、傷あとが残るという事はありません。

リスクを知ろう

脂肪吸引の施術を安全に受けるためには、安心することが出来るクリニック・医師を探すということはもちろん、持病や貧血、アレルギー等がある場合には、あらかじめ医師に伝えるようにし、問題がある場合には無理に施術を受けることは避けるようにしましょう。また、施術は高齢になっても受けることは出来ますが、年齢が高くなればなるほど回復は遅くなりますし、リスクも大きくなることを理解し、高齢になってからの施術は避けたほうが無難でしょう。比較的安全と言われている施術方法でも、メリットもあればデメリットもあります。メリットばかりではなく、デメリットやリスクについてもしっかりと理解をするということが大切です。もし、気になることがあれば、施術を受ける前に医師に確認するようにしましょう。施術後のケアは医師の指示通りに行い、回復するまでの管理はしっかりと行うようにすることが脂肪吸引の効果を得るためには非常に重要になります。工夫をすることで、リスクを減らすということは出来ます。